お水

水を飲むことは食べ物摂取よりも健康にいい理由

人は食べ物と水の両方を日ごろから摂取していますが、どちらかというと、水よりも食べ物・料理の摂取方法に気を遣っているようです。健康食品の種類は年々増えていますし、コレステロールゼロの油やココナッツオイルが流行ったりしていますが、一方で水に対する意識はあまり高くないようです。しかし、実は水の摂取方法や水の種類を変えることは、食べ物に気を遣うよりも重要であることが分かっています。

人の身体の60%以上が水分で構成されている事実

人の身体の60%以上が水分で構成されている事実

人の身体の60%以上は、実は水分でできています。そのため、水を一滴も飲まないと、人は一週間と生きることはできません。また、人が健康であり続けるためには、栄養素が血液に混じり、血管を通って全身を巡り続ける必要がありますが、水分は血管を拡張し、血流をよくする作用があるため、食べ物を摂取するよりも重要な存在となります。

例えば体重70キロの成人男性は40キロ以上の水分が常に体内に蓄積されています。この40キロの水を変えるということは、身体そのものを変えることになります。そう考えると、食べ物よりも水を変えることが、良くも悪くもどれだけ健康に影響があるかがなんとなく想像できます。

食べ物から摂取できる大半の栄養は体外に排泄される

食べ物から摂取できる大半の栄養は体外に排泄される

人は空腹を満たすためだけではなく、生きるために必要な栄養を摂取することを目的に食べ物を毎日食べています。しかし、その大半は便や尿となって排泄されてしまい、栄養として体内に残るのは僅かな量となります。そのため、栄養失調に陥った患者には、栄養素を水分に溶かして血液に流し込む「点滴」が効果的となりますし、極論から言えば、これだけで人は生きていくことができます。

ヒトは1日に1.5~2リットルの水を失う

ヒトは活動しているだけで汗や尿となって水分が排泄され、1日でおよそ1.5~2リットル失われます。そのため、最低でも同じくらいの量を1日に摂取する必要があります。

どのような水を飲むのが健康的か

どのような水を飲むのが健康的か

では、実際どのような水を飲むのが健康にいいのでしょうか。日本は水大国であり、水道水を飲むことができれば、天然水やミネラルウォーターも種類豊富にあります。しかし、近年身体の健康に良しとされているのが「還元水」です。上記の天然水やミネラルウォーターは健康を維持することはできますが、加齢とともに酸化して不健康になった身体を元に戻す力はありません。一方で還元水は最新の水科学の力を持ってして、酸化した体内の臓器を水の力で本来あるべき弱アルカリ性に戻す力が備わっています。

水を飲むことが長年の健康を育む

水を飲むことが長年の健康を育む

今回ご紹介したように、毎日飲む水を変えることは、身体の健康に直接作用するほど大きな力が働きます。だからこそ、単に「人気のウォーターサーバーに変えてみた」、「このミネラルウォーターが一番安いから」と安易に変えることはおすすめしません。是非さまざまな角度から吟味して、自分にとって本当に大切な水を決めてください。

【全額返金キャンペーン】
プロトン水「イリス」の詳細情報と問い合わせはこちら

商品名:e⁻ris(イリス)
種別:医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です