お水

スポーツ選手が飲むドリンクって?アスリートは水分補給も超一流だった!

 

 

こんにちは!

永遠の高校球児⚾株式会社アリッジの高井と申します。

 

 

今回は私も青春時代の全てを捧げた野球だけではなく、スポーツ選手全ての方にとって必要な【水分補給】

身体にとって補給するお水が大切なことは誰もが理解されてきております。

その身体を作る大事な飲み物ですが、皆様は何かを意識して飲用していますか?

味?栄養?あの人が飲んでるから?

様々な判断で「今日は何を飲もうか?」なんて決めていると思います。

その判断材料の中に今回ご紹介する【プロトン水】

なぜスポーツ選手にとってプロトン水がオススメなのか、有名なあの選手が飲んでいる中身もご紹介したいと思います。

最後までお付き合いして頂けたら嬉しいです。

 

スポーツ選手に不可欠な水分補給。

 

真っ先に思い浮かぶのは手軽に買えるスポーツドリンクやミネラルウォーターではないでしょうか?

スポーツ選手はドリンクを何倍にも薄めて飲んだりします。

しかし、競技の特性によっては適切な熱量・水分量・タイミングなどが違ってきます。

では各一流スポーツ選手が飲んでいる飲み物の正体をご紹介していきたいと思います。

 

気になるあのスポーツ選手が飲んでいるドリンクは?

 

サッカー

 

サッカー日本代表の長友選手はものすごくストイックで食事にも大変気を使っていることで有名!

実は2016年6月に自身が代表取締役を務める「Cuore(クオーレ)」というヘルスケア事業の会社を設立しています。

 

(参考)Cuore

もちろんサッカー選手が試合中に飲んでいるドリンクは違います。

プロのサッカー選手が試合中に飲んでいるドリンクは決まってあの飲み物です。

そのドリンクの正体はズバリ「水」なのです。

1試合で10km以上走ることもあるサッカー選手。

テレビで日本代表などの試合を観ていると、彼らがピッチ脇で給水している姿をよく目にしますよね。

水以外のドリンクでは、ピッチにこぼしたとき芝を傷つけてしまうおそれがあるため、試合中のドリンクは「水」に限定されているそうです。

だからこそ彼らは頭から水をかけたり、口の中をゆすいで吐き出したりすることが可能なのです。

とはいえ、サッカーのように激しく運動するスポーツでは塩分や栄養も本当は摂取したいところ。

サッカー選手は、ハーフタイムを活用して薄めたスポーツドリンクやゼリー飲料で補給しているそうです。

水+αで戦う身体を整えているのですね!

【参考】 マイナビ 学生の窓口

テニス

 

テニスの国際大会をテレビで観ていると選手たちが黄色や赤色といった謎のドリンクや無色透明の水と思われるドリンク、そしてゼリー飲料などで水分補給している姿が見られます。

それは日本テニス界のプリンス・錦織圭選手も例外ではありません。

【画像出典】 産経フォト

この謎のドリンクについて、元女子プロテニスプレイヤーの杉山愛選手がWOWOWのコラムで

大会には公式ドリンクがあることも多いので、その場合はボトルに中身だけ自分のオリジナルのものを入れて飲みます。
― 杉山愛オリジナルコラム 愛’s EYE | WOWOW

と語っていますので、水でなければ、おそらく各選手のスペシャルドリンク が入っているものと推測できます。

実際にテニスの四大国際大会の一つとして名高いウィンブルドン選手権では、全ての選手がエビアンのペットボトルで給水している姿を見ることができます。

これはエビアンがウィンブルドン選手権の公式サプライヤーだからです。

そして、よーく見るとボトルの中身に赤や黄色の液体が入っている選手がちらほら…!

もちろんエビアン公式HPで確認してもそんな商品はありません。

2017年のウィンブルドン選手権にもエビアンが公式サプライヤーとして名を連ねているので、ぜひ選手のボトルに注目してみましょう!

【参考】 WIMBLEDON
【参考】 錦織、脇腹の故障で4回戦を途中棄権 ウィンブルドン選手権|AFPBB News

マラソン

 

女子マラソンの高橋尚子選手は金メダルを獲得した2000年のシドニーオリンピックの給水でVAAM を飲んでいたと言われています。

その他の選手たちも独自のドリンクを持ち込み、スペシャルドリンクなんて言葉も流行りましたよね?

42.195kmを駆け抜けるフルマラソンは有酸素運動の代表格です。

長時間走り続けるために体脂肪の燃焼を促進させ、効率のよいエネルギー供給を手助けするドリンクが理想的といえるでしょう。

そのためには激しい運動で失うエネルギーを補うため、カロリーの摂取も不可欠です。

スポーツドリンクが主流になる前は、炭酸抜きのコーラやはちみつのたっぷり入った紅茶で給水する選手もいたそうです。

 

【画像出典】 毎日新聞
【参考】 VAAMの歴史|株式会社 明治

給水はすべて「富士山麓のおいしい天然水」

 

年始の風物詩・箱根駅伝。

実はこの大会では大学や選手独自のスペシャルドリンクは認められておらず、給水はすべて協賛企業であるポッカサッポロの商品「富士山麓のおいしい天然水」が使われています。

走り続けるために必要なカロリーは、実走前にバナナやゼリー飲料などで軽めに補給しておくのが一般的なようです。

 

【画像出典】 ツイ速まとめ

ゴルフ

 

ゴルフの大会もその大会の協賛企業の製品が用意されていることが多く、選手とキャディ両名にドリンクが提供されているそうです。

また、選手自身でドリンクを用意することもでき、飲料を扱う企業と契約している選手には、毎週の開催コースに1週間分のドリンクが届けられることもあるのだとか!

ご存知、石川遼選手もスポンサー企業のコカ・コーラからスポーツドリンクが届いているかもしれませんね!

 

ゴルファーは冷凍ペットボトルドリンクが多数派?

 

今ではコンビニなどで当たり前に売っている冷凍ペットボトルドリンク。

実は炎天下でプレーするゴルファーの声をもとに誕生したのだとか!

業界初の冷凍対応ペットボトル「氷晶」シリーズは、2003年にサンガリアから発売されています。

開発担当者の談によると、凍らせてもラベルや容器が破損しないよう、従来の丸型ではなく、膨張に耐えられるように角ペットボトルを採用したり、冷凍しても破れないラベル素材の選定をしたりで苦労したとのこと。

開発には1年程度かかったそうです。

【画像】 サンガリア – 氷晶

【参考】 ゴルフダイジェスト社

野球

 

イチローが試合の1時間前にユンケルを飲んでいるのはけっこう有名な話ですよね。

ユンケルは、滋養強壮・肉体疲労・栄養補給に効能のある高級な成分含まれています。

過去にイチローが凄すぎて、効果ありすぎない??とドーピングを疑われたこともあるそうですが、もちろんイチローはドーピング検査に一度も引っかかったことがありません!

 

 

ちなみにイチローが実際に愛飲しているシリーズはユンケル ファンティだそうです。

 


【参考】 疲れや風邪を引いた時の栄養ドリンク|ユンケル|佐藤製薬

イチローが試合前に飲んでいるのは、「ユンケル・ファンティ」というユンケルの中でも最上位クラスの高級品です

お値段はなんと1本税込みで3,000円を超えます

「あのイチローが飲んでいる!」

とメジャーの選手同士でも噂になり、マリナーズ時代の同僚や、ヤンキースのリベラ投手など、

多くの野球選手もイチローに影響されて愛飲しているんだとかイチローが日本とアメリカで、

異次元な記録を打ち出し続けている活躍の裏にユンケルがあるのだとすれば、気になって同じように飲んでみたくなるものですね

野球は持続的にハードな運動をするスポーツではありませんが、瞬間の集中力と瞬発力を要求されるスポーツです。

決して楽なスポーツではありません。

 

水とパフォーマンスは直結している

 

スポーツ中のパフォーマンスを維持するためにも、こまめな水分補給はかなり重要!!

体重に対してたった2%の水分を失うだけでもパフォーマンスに影響が出てしまうそうです。

いわゆる脱水症状の兆候です。

ポカリスエットを製造販売している大塚製薬のHPに水分不足とスポーツパフォーマンスの関係についてレポートがありましたのでご紹介いたします!

 

スポーツ時のパフォーマンス低下は、体液が体重の2%以上失われると起こり始めます(図3)。
運動中の発汗量は、環境や運動強度によって異なりますが、1時間で2リットルに及ぶ場合もあり、これは体重50キロの人であれば4%に該当し、危険な脱水状態にあたります。
一生懸命にトレーニングを積んできても、本番でパフォーマンスを低下させてしまっては、選手たちにも悔いが残ってしまいます。
そうなる前に、水分を補給させなければなりません。

― 水分不足によるカラダへの影響 | 大塚製薬

 

スポーツ時のパフォーマンス低下は、体液が体重の2%以上失われると起こり始めます。

体重50kgの人なら1Lの水分量!

スポーツをする際は、自分の2%の水分量を意識して、発汗によって失っていく水分をきちんと補いましょう。

 

水分補給は運動前と運動後にも!

 

運動前の水分補給

激しい運動をともなうスポーツの中では、水分の他に塩分や糖質も身体から失われていきます。

これらの成分も運動で失われる前に摂取できるのが理想的ですね。

薄めたスポーツドリンクや水+αで補うといいでしょう。

運動開始30分前にコップ1杯分(約200ml)程度を摂取しておきましょう。

 

運動後の水分補給

運動後は水分補給ももちろんですが、栄養補給や疲労回復を考慮したドリンクをチョイスするのも良い選択です。

まず栄養補給についてですが、スポーツ飲料などで糖質を摂取する以外にも、ミネラル豊富な硬水で水分補給するスポーツ選手もいるようです。

ただし、硬水を飲み慣れていない日本人にとっては胃に負担がかかることもあるので一度に大量に飲まないこと、体質に合わないようであれば軟水+αで栄養補給することが推奨されています。

次に疲労回復についてですが、運動後に炭酸水を飲むことで疲労を緩和する効果が期待できます。

炭酸水を飲むことで血流量が増え、新陳代謝のアップが期待できるからです。

運動後15分以内にコップ1~2杯分(約200~400ml)程度を摂取しましょう。

 

プロスポーツ選手やトレーナーから絶賛されている水『プロトン水』とは?

 

プロトン水という、一昔前に流行した水素水ともアルカリイオン水とも全く違うお水がスポーツ選手の中で注目を集めています。

この章では、その『プロトン水』について解説します。

【バスケットボール選手】の声

練習中にプロトン水を飲んでいます。

粉末のスポーツドリンクをプロトン水で溶かしたものも併用してます。粉末成分が何倍も引き出されるので効率よく体内に取り込めて最高です!!

コンディション作りにも最適です。

 

【サッカー選手】の声

沢山の水分補給をしてから運動すると胃にたまった水が動くのを感じたり、横っ腹が痛くなったりします。

プロトン水は身体への吸収がとても良く、飲んですぐに動いても苦しくなく全力でトレーニングに打ち込めるので助かっています。

 

【プロトレーナー】の声

プロトン水を飲用いていると体臭がなくなりすごく有り難いです。

また長年悩ませれ毎年注射を打っていた花粉症も軽減され本当に助かります。

トレーニングにも身が入りこれからも良い結果を出していきたいと思います。

 

プロトン水の仕組みは「解毒」「充電」「引き出す」

 

こちらの【解毒と充電で生まれ変わる】でもご紹介している通り、体内に異常発生してしまった

「活性酸素」を除去し、エネルギーとなる大量の「電子」を送り込むことで人体が解毒・充電されます。

またあらゆる成分を最大限に「引き出す」ことができるのです。

プロトン水は疲労した筋肉を癒やし新しいエネルギーをどんどん作れるお水なのです。

このお水は40年以上の研究の末誕生したお水でしっかりとサイエンスされておりますので誰でも安心してお飲みいただけます。

 

プロトン水の特徴に関しては下記でご確認下さい。

プロトン水 って本当に効果があるの?体験談と事例をもとに徹底検証!

 

 

国際人道支援活動「レスキュー180」で使われているお水

 

たくさんの国で汚染された水が原因で病気になったり亡くなったりする5歳未満の子供たちは、年間で180万人いると言われております。

大人も含めると世界では年間400万人の命が失われているのが現状です。

プロトン水の生みの親(一社)プロトンインターナショナルは、国連の要請を受けプロトン水が生成できる機械をスリランカの国立病院に設置しました。

現地の医師とも連携し、治療の飲用水として提供することで、腎臓病の症状の改善や回復に貢献することができました。

子供達には特に大きな効果が認められ、スリランカ政府からも高い評価を受けております。

 

 

プロトン水の活動実績は下記からご確認できます。

活動実績

 

 

プロトン水はこんな方にオススメ!!

 

  • ベストコンディションで試合に挑みたい方
  • 最後まで全力で行きたい方
  • 年齢にも負けないパフォーマンスを維持したい方
  • 集中力をUPさせたい方
  • 体調を整えたい方
  • 美容と健康を気にしている方
  • 元気がない方

 

プロトン水の特徴

 

  1. 遊離水素イオン・・・OH-(水素イオン)は水道水の7400倍(生成時
  2. 速やかに細胞内に吸収される
  3. 還元力が高く(-700mv以上)
  4. 豊富な電子をチャージできる
  5. 溶解性が高いので食べ物の栄養素を引き上げ、しっかりと細胞まで運ぶ
  6. 活性酸素にプロトンを供給し、抗酸化&還元作用をうながす
  7. 消化吸収に優れている

 

 

 

 

 

【参考】「プロトン新健康革命/瑞木公一」

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

アスリートの方は水分補給が大事!!

ですが何を飲用するかで大きく結果が変わってきてしまいます。

身体にとって基本である【お水】選びはとても重要です。

私はこのプロトン水を通じてスポーツ選手のお手伝いをしたいと考えております。

ケガなく練習に打ち込み、試合で多くの結果が出せるように日々の体調管理にも気をつけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もプロトン水が多くの方に届きますよう心から願っております。