お水

赤ちゃんを母乳で育てる人必見。水の選び方が赤ちゃんの将来を決める

多くのお母さんは、赤ちゃんが生まれたらできるだけ母乳で育てたいと思うものです。もちろんそれはおすすめの方法となります。近年は粉ミルクの品質も非常に発達していて、母乳とほぼ変わらない味と成分の研究に成功しています。しかし、母乳には粉ミルクにはない免疫を作る成分が含まれていると言われていて、母乳で育った子は風邪をひきにくかったり、身体が丈夫に育つともされています。

そこで今回着目してほしいのが、日ごろお母さんが飲む「水」に関してです。

毎日飲む・使う水が母乳の質を左右する

毎日飲む・使う水が母乳の質を左右する

母乳は白い血液と呼ばれているように、単なるミルクではなく、赤ちゃんの成長に必要な栄養成分が含まれていて、およそ半年から1年の間は、赤ちゃんはお母さんの母乳だけで育つことになります。その母乳は80%以上が水分で構成されていて、お母さんが普段何気なく摂取する水が重要な要素を占めています。単に栄養のある食べ物を食べるだけでは、赤ちゃんに必要な母乳(水分)は尽きてしまうので、毎日多量の水の補給が必要となります。

赤ちゃんの将来のために普段飲む「水」を変えよう

赤ちゃんの将来のために普段飲む「水」を変えよう

上記のように、母乳とお母さんの体内の水分は非常に密接な関係があります。その水を意識して良質なものに変えるのであれば、水分で構成される母乳を摂取する赤ちゃんにとっても将来にわたって目に見えない良い効果があると考えることができます。

水を還元イオン水「プロトン水」に切り替えてみては

水を還元イオン水「プロトン水」に切り替えてみては

還元水とは水の性質「アルカリ性・弱アルカリ性・酸性」を特定の性質に引き戻す力を持つ水をさし、イオン水とは昨今はプロトン水として知られています。この両者を併せ持つ還元イオン水が昨今は家庭の水としても注目されています。もともとこの還元イオン水が使われているのは医療現場や高級飲食店、整体院、スポーツ界でしたが、近年は一般の方も健康志向となっているので、還元イオン水の存在を知るようになってきました。

プロトン水はキッチン据え置き型が家庭での主流で、摂取することにより水道水やミネラルウォーターでは得られない、内臓や胃腸を健康に取り戻す効果が期待できます。

母乳だけではなく赤ちゃんの直接摂取もできる

母乳だけではなく赤ちゃんの直接摂取もできる

プロトン水は母乳としてお母さんが飲むだけではなく、粉ミルクに混ぜる水や、赤ちゃんが直接飲む水としても使うことができます。プロトン水は軟水弱アルカリ性となるので、赤ちゃんの便を促しますし、胃腸の酸性化から防ぎます。家族みんなで飲むことによって「水」による健康管理ができますので、一度試してみて効果を検証してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です