生活習慣と予防

身体は酸化(老化)する。活性酸素を除去する簡単な方法

人の身体は普段の生活により徐々に酸化していくのはご存知ですか。食事をしたりスポーツをするだけにとどまらず、呼吸をするだけでも酸化はじわじわと進んでいきます。それは「老化」となって身体表面にあらわれることとなります。

そして、その酸化(老化)を急速に進める有害物質の1つが「活性酸素」と呼ばれるものです。今回は活性酸素の概要と、活性酸素を除去する簡単な方法をご紹介します。

そもそも活性酸素とは。生成と役割

活性酸素とはそもそも空気中の酸素が体内で変化した物質の一つとなります。活性酸素は有害物質ではありますが、身体の免疫機能を保持したり、外部の感染から身を守ってくれたりする重要な役割を担っているのですが、活性酸素が過剰に生成されてしまうと有害なものと変わり、心血管疾患、老化、癌といった非常に深刻な疾患や生活習慣病を引き起こすとされています。

便秘によって活性酸素が大量に生成される

便秘によって活性酸素が大量に生成される

女性の中には何か月も何年にもわたって便秘が慢性的に続いている人も少なくありませんね。便秘になると体内の腸内で悪玉菌が生成されます。悪玉菌が善玉菌よりも優位になると、悪玉菌は活性酸素を大量に吐き出す結果となります。

ちなみに乳幼児の赤ちゃんの便は無臭が多く、色も薄茶で明るいですが、これは腸内に悪玉菌がほとんどいないためです。

活性酸素の過剰生成を防ぐ2つの方法~生活習慣の見直し

活性酸素の過剰生成を防ぐためには、まずは生活習慣を見直すことが第一優先。活性酸素が生成される場面としては、紫外線の照射、呼吸が乱れるほどの運動、煙草、便秘などが主な要因となります。また睡眠不足による自律神経の乱れも原因の1つとなります。これらは日々の生活において一切を取り除くことは困難ですが、健康的な生活をおくることによって、活性酸素をできる限り防ぐことができます。

活性酸素の過剰生成を防ぐ2つの方法~便秘の改善

おそらく活性酸素の過剰生成を抑える最も効率的な方法が「便秘の改善」です。しかし、長年便秘に苦しんでいる方にとっては、そもそも便秘の改善方法が分かりません。

便秘には水分補給が一番!補給する水の種類が重要

便秘の原因は幾多ありますが、腸内の水分がたりなく蠕動運動がうまくいかないことが挙げられます。腸内が水分に浸されることによって、便が物理的に肛門に流れやすくなります。しかし、慢性的な便秘に悩んでいる方の多くはこれ以外に悪玉菌の優位が原因にあります。そこでおすすめしたいのが、「水分を補給することによって善玉菌優位にする」方法です。もちろん普通の水道水やミネラルウォーターでは善玉菌優位にはなりません。

例えば日々プロトン水を飲んでいれば、摂取した食べ物が正常発酵して徐々に善玉菌の数が増えてきます。さらにプロトン水は還元水とも呼ばれていて、活性酸素の含む水分を安全な水に変換する力があるとともに、酸化した身体をアルカリに戻す効果(還元)があります。

酸化・老化を防ぐためには活性酸素の抑制が一番!

酸化・老化を防ぐためには活性酸素の抑制が一番!

酸化や老化を防ぐためには、活性酸素の生成を抑制するのが最も効果的であることが分かります。コスメで肌表面を若返らせるのもいいですが、それと同時に体内で根本の原因となる活性酸素の過剰生成を断つように、日々の生活習慣をいま一度見直してみてはいかがですか。

【全額返金キャンペーン】
プロトン水「イリス」の詳細情報と問い合わせはこちら

商品名:e⁻ris(イリス)
種別:医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です