疾患

白内障ってどんな病気

こんにちは

アリッジ代理店の滝沢文子です。

あなたは最近文字が見えずらくなったということありませんか?
私は60代になり文字が見えづらくなってきたので、眼科に行ったら白内障と言われました。免許の更新もありそれで思い切って白内障の手術をしました。今では良くなり見えやすくなりました。
私が体験した白内障について紹介します。

 

白内障とは

目の中の水晶体という部分が濁る病気です。白内障の多くは加齢が原因であり、だれでも年をとると白内障になる可能性があります。加齢のほか、目のケガや病気が原因となることもあります。

 

症状

初期の段階ではあまり自覚症状はみられませんが進行するにつれて、目がかすむ、ぼやけて見えにくい、ものが二重三重にだぶって見える、白っぽく霞んでみえる、夜間の車の運転中対向車のヘッドライトが通常より强い眩しさを感じるなどの症状が現れます。

症状の違い

加齢に伴う老人性白内障では、水晶体の外側(皮質)から中心部(核)に向かって混濁が進む傾向があります。
アトピー性の白内障では水晶体の中心部から混濁が現れることが多く、初期のうちから違和感や見えにくさを訴えるケースが多く見られます。

原因

老人性白内障は加齢によって水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることで起こります。
一方、アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30〜40歳代くらいの比較的若年層に発症することがわかっています。
このほか、妊娠中の母体の風疹感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがや薬の副作用で白内障を起こすこともあります。

治療

白内障になってしまった場合の治療法は、薬か手術ですが、日常生活に支障がなければすぐに手術をする必要はないです。

点眼薬

1.初期であれば点眼薬で進行を遅らせられる場合があります。ただし、点眼薬で水晶体の濁りをなくすことはできないです。

手術

2.白内障手術は、眼の中の濁った水晶体を取除き、その代わりになる人工のレンズを挿入する手術です。
手術じかんも早ければ10〜20分程度で終ってしまいます。
入院を必要とする場合もありますが、日帰りでの手術をおこなっている病院もあります。

後発白内障

手術後眼内レンズを取り付けるために残しておいた水晶体の後嚢がにごって再び目がかすむことがあります。後発白内障といい、手術後5年で3割ぐらいの人に起きるといわれています。治療はごく簡単でレーザーを使い短時間でにごりをとることができます。

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
私が経験した白内障を紹介しました。
私も白内障の手術して見えるようになり手術をしてよかったと思います。

これからは目のケアをしながら健康に気を付けたいとおもいます。