お水

赤ちゃんには浄水器の水がおすすめのこれだけの理由

赤ちゃんが飲む水は浄水器のものがおすすめです。浄水器は健康志向の高い層に特に人気がありますが、実は赤ちゃんにも適しているのはご存知ですか。水道水やミネラルウォーターは実は赤ちゃんの内臓に負担がかかっている可能性があります。今回は浄水器の水が赤ちゃんにおすすめの理由をご紹介します。

胃腸が弱い赤ちゃんには水道水が負担に?

胃腸が弱い赤ちゃんには水道水が負担に?

日本の水道水は厳しい水質基準を満たしたものであり、世界と比べても安全で飲料用としても可能です。ただ、水道水にはカルキなどが含まれており、赤ちゃんに与えると下痢などの症状が出る子もいることから、水道水は直接飲ませない方が良いという意見もあります。どうしても水道水を使用したい場合には煮沸させて湯冷ましを与える、という声もありますが、心配な方は控えた方が良いでしょう。

ミネラルウォーターは赤ちゃんには合わない?

ミネラルウォーターは赤ちゃんには合わない?

それではミネラルウォーターは何故適していないのでしょうか?赤ちゃんは大人と違い、内臓が未発達な状態です。ミネラルウォーターにはその名の通りミネラルが含まれていますが、赤ちゃんはミネラルであるマグネシウムやカルシウム、カリウムなどを分解する力があまり備わっておらず、内臓に負担がかかってしまい、最悪の場合腹痛や下痢を起こしてしまうことも。

また、ミネラルは悪玉菌を減らして善玉菌を増やすため腸内環境を整える働きが注目されていますが、母乳などで育つ赤ちゃんの腸内には善玉菌が多く存在しているため、必要以上にミネラルを摂取する必要はないのです。このため、ミネラルウォーターは赤ちゃんには適していないと考えられます。

赤ちゃんにおすすめなのは浄水器の水

国の水質基準を満たした水道水をさらにクリアにした浄水器であれば安心感が増します。気になるカルキや残留塩素などの不純物も除去してくれるだけでなく、赤ちゃんに適したまろやかな軟水を作ることも可能です。

浄水器の中でも特におすすめなのが「プロトン水(還元水)」を生成できる浄水器です。プロトン水は胃腸の働きを助けてくれるため、内臓機能が整っていない赤ちゃんに適していると言えるでしょう。気になった方はチェックしてみてください。

浄水器の水は安心安全。赤ちゃんとの相性も良い

浄水器の水は安心安全。赤ちゃんとの相性も良い

水道水やミネラルウォーターは赤ちゃんに適しているとは言い難く、最悪の場合腹痛や下痢になってしまう可能性もあります。浄水器の綺麗な水は胃腸の弱い赤ちゃんに適しているおり、安心感もありますよね。赤ちゃんに飲ませる水選びで迷ったら浄水器の水をおすすめします。

【参考URL】

赤ちゃんに水道水はあげていい?
https://www.sponichi.co.jp/biz/water-server/time-when-baby-becomes-able-to-drink-tap-water/

赤ちゃんのミルクに水道水はいいの?
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8558

赤ちゃんの下痢は水のせいかも
https://women.benesse.ne.jp/forum/zboca040?CONTENTS_ID=0104010G&MESSAGE_ID=792149&SEARCH=no

赤ちゃんと善玉菌
https://www.mamecomi.jp/research/milk/16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です