お客様の声

自然農法×プロトン水で身体が芯から喜ぶ野菜を育てる!肥料も農薬も使用しない自然農法を実践する森下さんを直撃取材しました

プロトンを理解するには電子、素粒子、エネルギーなど一般にはあまり馴染みのない言葉を掘り下げていかなければなりません。今回取材した森下さんは、そんなプロトンの概念にも通ずるところがある、『自然農法』を勤め先の会社の畑で実践する25歳の男性です。

自然農法のお話から、プロトン水をどう絡めて自然農法に生かすのか、どのようなお野菜が育つのかを取材しました。

-森下さん、よろしくお願い致します。

森下さん:はい。よろしくお願い致します。

森下さんの勤めるホームクラリスさんへ突撃。敷地内の畑を見学させていただきました。
自然栽培している畑にいれてもらいました
畑を案内してくださる森下さん

-森下さんが実践する自然農法は、いったいどのような農法で、どのようなお野菜が採れるのですか?

森下さん:自然農法に明確な定義はないのですが、ざっくりいうと『植物・農作物を育てるのではなく、土台である土の中の微生物を育てること』が自然農法の基本の考え方です。

お野菜は、『とても美味しい』と言ってもらえる野菜が採れます。

この前、ほうれん草を採ったのですが、『砂糖水に漬けたように甘い!』と言ってもらえました。

表現が難しいのですが、『身体が芯から喜ぶ』味のものが採れると思います。
そもそも私は、野菜は我慢して食べるべきものではないと思ってます。我慢せずに食べれる味が提供できるように心がけています。

自然栽培は、微生物を育てることにフォーカスするので、もちろん農薬は使いませんし、有機肥料なども使いません。さらに言うと、水ですら必要最低限しか与えません。1日に〇回水をやる、など全く決まっていません。土の様子をみて、必要な時にお水をあげます。

-虫などの被害にあわれないんですか?

森下さん:森や自然の雑草など見ていただければわかりますが、全く枯れたり病気になったりしてません。農薬を使わなくても虫を寄せ付けずに立派に植物・農作物を育てることは十分可能なのです。

実は、植物・農作物にも腸内と同じく『発酵』というものがあります。発酵状態にあると、虫をそもそも寄せ付けないんです。昔の人は農作業でもちろん化成肥料など使っていません。なぜそれでも立派な農業が出来ていたかというと、植物・農作物が自然の中でもきちんと育つ自然の法則があるからです。

自然農法を勉強するため、様々な論文・本を読んで勉強しているようです。ノートは研究の足跡です。

-プロトン水は、自然農法においてどのように役立ちますか?

森下さん:自然農法は最低限の水しか使いません。しかし、プロトン水は、微生物に電子を供給してくれます。それは自然農法においても大きな利点です。植物にプロトン水をあげるのではなく、土・微生物にプロトン水をあげ、電子を補給していくイメージです。人体でも全く一緒と思うのですが、電子を補給することによってエネルギーが充電できます。

植物・農作物でいうと養分が豊富になり、それが味に影響していきます。すべての野菜が甘くなるというわけではなく、その野菜によって、最適で人間が喜ぶ味に育つような感じです。

土の中の菌や微生物に関しては色々な説があり、まだまだ解明されていないことも多いですが、今実践しながら電子、微生物、エネルギーを調整する大切さを実感しています。

農業用プロトン水を入れているタンク

-プロトン水とはどこで出会いましたか?

森下さん:群馬の『0円健康法』というイベントで、御社(株式会社アリッジ)が出展しているブースで初めてプロトン水と出会いました。

お話を伺って、すぐに自然農法とリンクし、農業に生かせないかと考えました。その後個人的にアトラックウォータースイートを購入し、今自宅にいれている状態です。

アトラックウォータースイートとは別に農業用のプロトン水を今導入していて、自然農法と掛け合わせて色々試しています。

プロトン水を活用したじゃがいもと玉ねぎの収穫を1~2か月後に控えてますが、とても美味しいものが出来ると思います。まだプロトン水を試していない人は是非お野菜から試してみてください。

森下さんのご自宅にあるアトラックウォータースイート

-砂糖水に漬けたように甘いほうれん草は、今後販売の予定はないんですか?

森下さん:自然農法は自然ゆえに色々と読めないことも多く、収穫期間が調整できません。もちろん、多くの方々に食べていただきたいので収穫の時期がわかり次第随時こちらの記事でお知らせさせていただきます。

-森下さん、本日は本当にありがとうございました!

森下さん:はい!ありがとうございました。

取材記者メモ

一度、本取材の前に森下さんの育てた自然農法のほうれん草を食べたことがありますが、本当に甘くて、ほうれん草の概念がひっくりかえりました!是非、販売が開始した際にはお試しください!お野菜が苦手なお子様、こだわりのお料理をふるまいたいときには森下さんのお野菜がその真価を発揮します♪