お水

硬水健康法!硬度は高いのと低いのとどっちがおすすめ

水には硬水と軟水があり、日本の水は軟水傾向にあると言われていますね。今回紹介するのは硬水健康法。硬水を飲むことによって得られる健康の恩恵は、どのようなものが考えられるのでしょうか。

硬水と軟水の関係。健康にいいのはどちら?

硬水と軟水の関係。健康にいいのはどちら?

よく言われる硬水と軟水ですが、日本は軟水と言われていますね。しかし、地域によっては硬水傾向が強いところもあります。また、海外の欧米を見てみると、一転して硬水の国が多く見られます。これは使う水の地層や何が源の水を使っているかによります。日本は河川などの流れる水を浄水して水道水にしていますが、欧米では地下水を水道水にしています。地下水は硬度が高く硬水の傾向があるため、欧米では硬水の国が多くあります。

では、硬水と軟水はどちらが健康にいいのでしょうか。まず、硬度が高いというのは、水に含まれるマグネシウムとカルシウムが多く含まれていることを指します。日本の水道水は軟水傾向にあり、日本人は軟水に慣れているため、その他のミネラルウォーターや天然水もほとんどが軟水よりです。一方で日本でも有名なエビアンは硬水となります。

近年流行りの硬水健康法とは

近年流行りの硬水健康法とは

近年は硬水健康法なども巷で注目されてきています。硬水はマグネシウムが多いため便秘改善に期待することができるほか、ミネラルも多く含まれているので、ダイエットにも最適です。ちなみに、近現代の日本人にはミネラルが不足していると言われています。ミネラルは身体の中で作ることができないため、体外から摂取する必要があります。ちなみによくミネラルウォーターなどでも歌われている「イオン水」とは、ミネラルを人工的に水に溶け込ませた水を指します。

ドイツ人の硬水健康法を見る

ドイツ人の硬水健康法を見る

ちなみに普段から硬水を飲んでいるドイツは、日本と同様に水道水を飲める数少ない国。日本ではカルキと呼ばれる塩素を殺菌のために水に溶け込ませていますが、ドイツでは法律で塩素の使用を禁止しています。また、硬水は硬度が高ければ高いほど飲みにくいと言われていますが、ドイツのレストランに行くと、水はそのままか、もしくは炭酸水にして飲みやすくするかを選ぶことができます。日本と違い、水は有料となるのが一般的ですが、それでもドイツ人が日ごろ飲む水を重要視していることが分かります。

重要なのは自分の身体に合っているか。硬水で健康を目指す前に確認しよう

日本では軟水が普通に飲まれているので、軟水が健康にいい水と誤解されがちです。しかし、もし硬水が自分の口と身体に合っているならば、硬水に切り替えてみるのもいいかもしれませんね。

【全額返金キャンペーン】
プロトン水「イリス」の詳細情報と問い合わせはこちら

商品名:e⁻ris(イリス)
種別:医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

参照URL
ドイツの硬水と健康
http://www.newsdigest.de/newsde/column/doctor/10017-1095/
硬水と軟水の違い
https://eonet.jp/health/articles/2017/0601.html
ミネラルの重要性
https://cew.jp/mineral/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です