生活習慣と予防

蛇口直結の浄水器がおすすめできない理由。浄水器は据え置き型が必須!

浄水器には主流である蛇口直結型や据え置き型などがあります。確かに蛇口直結型は取り付けが簡単で安価に導入できますが、あまりおすすめできないのも事実です。その理由を据え置き型と比較しながらご紹介していきますので、是非ご参考にしてみてください。

蛇口直結型がおすすめできない理由とは?

蛇口直結型がおすすめできない理由とは?

蛇口直結型の特徴としては、蛇口に自分で取り付けるだけなので場所も取らず、価格も安いため気軽に水道水を浄水することができます。そのため、浄水器を初めて導入する方などは、比較的敷居の低い蛇口直結型を選ぶことが多く、一般の家庭で最初に選ぶ浄水器の定番ともなっています。

しかし、蛇口直結型を使用するには据え置き型同様カードリッジを取り付ける必要がありますが、据え置き型と比べるとこのカードリッジを取り換える頻度が早く、数ヶ月に一度取り換える必要があります。ちなみにカードリッジは1つ数千円かかりますから、その都度買い替えることになれば、年間を通して大きな金額になります。また、水道水のろ過の度合いで見てみると、据え置き型に比べて不純物をろ過しきれていないという点も挙げられます。より健康のことを考えると据え置き型が優れていることは言うまでもありません。

据え置き型の優れた点とは?

据え置き型の優れた点とは?

据え置き型は蛇口直結型と違い、導入費用が高くシンクの周辺に設置する必要があることからスペースを用意しなければなりません。しかし、その分ハイスペックのカードリッジと機能が備わっているため、ろ過の度合いが非常に高く、水道水に含まれている塩素を始めとする有害物質をより除去してくれます。単においしい水、カルキ臭を抜いた水を飲みたいというだけではなく、健康面に優れた安心安全な水を飲みたいという方の多くは、据え置き型を選ぶ傾向にあります。また、カートリッジの交換は、機器にもよりますが1日に40Lの使用であれば、1年に1回程度で良いとされ、交換の手間を省きたい方にもおすすめです。水の硬度を変えられるものもあり、近年注目されているアルカリ性の水質を持つ水を生成することも可能ですよ。

据え置き型に興味を持った方におすすめしたい「プロトン水」

据え置き型に興味を持った方におすすめしたい「プロトン水」

据え置き型の浄水器で注目を集めているのが、「プロトン水(還元水素水)」を生成することのできる浄水器です。私たちの体は、呼吸や食事、運動により常に身体の中で活性酸素が生成されるほか、不規則な生活習慣や老化などでサビついてしまう現象「酸化」に見舞われています。体が酸化してしまうとガンや動脈硬化、糖尿病などの様々な病気にかかりやすくなってしまうのは知っている人も多いことでしょう。

プロトン水は水を電気分解したものであり「還元水」とも呼ばれています。水道水に含まれるカルキや不純物が除去されているだけでなく、上述した活性酸素により酸化した身体を本来の弱アルカリ性に引き戻す作用があります。また、水道水に比べ、食材の本来のうま味を引き出すことができるため、例えば化学調味料の使用量を抑えることに繋がり、そこからまた生活習慣病を予防することができることが期待されます。

カルキ臭が気になる人は蛇口直結型。健康を気遣う場合は据え置き型浄水器を選んでみては

カルキ臭が気になる人は蛇口直結型。健康を気遣う場合は据え置き型浄水器を選んでみては

蛇口直結型の浄水器は安価で取り付けも簡単です。しかし、カードリッジを頻繁に取り替えなければならず、水道水のろ過も低いことから、健康志向の高い方には据え置き型をおすすめします。いずれも決して安い買い物ではないので、据え置き型の浄水器の購入を検討されている方は、しっかりと吟味して選ぶといいでしょう。

【全額返金キャンペーン】
プロトン水「イリス」の詳細情報と問い合わせはこちら

商品名:e⁻ris(イリス)
種別:医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です