お水

赤ちゃんのミルクにおすすめしたい水はどれ?

「赤ちゃんの粉ミルクを調乳するときに、どんな水が安全なのかわからない」
そんな悩みを抱えるママやパパは多いのではないでしょうか?一言で水といっても、水道水や市販のミネラルウォーター、浄水器の水など、様々な種類があります。どれが一番赤ちゃんのミルクにとって安全な水なのか迷ってしまいますよね。

そんな方のために、この記事では赤ちゃんのミルクを調乳するときにおすすめの水の選び方や注意することなどを紹介します。

赤ちゃんのミルクを水道水で調乳するのは危険?

水道水を調乳に使うのは危険?

赤ちゃんのミルクを調乳するときに真っ先に思い浮かぶのが「水道水」ではないでしょうか?

日本の水道水は世界的にみてもトップクラスの安全性を誇っており、「水道水を赤ちゃんの調乳に使用しても問題ない」と一般的にはいわれています。しかし、厳しい品質チェックは自宅の蛇口から出る水ではなく、浄水場の水でしか行われていません。水道水は、浄水場から家の蛇口まで鉛製のパイプを通って運ばれます。このときに水に鉛が溶け込んでしまうことが近年問題視されているのです。

さらに、水を殺菌消毒するために使われる残留塩素や、そのときに発生するトリハロメタンなど多くのものが水道水には含まれています。安全基準はクリアしているとはいえ、特にまだ生まれたばかりの赤ちゃんが飲むミルクに、水道水は決して身体にいいとは言えないのが現状です。

赤ちゃんのミルクの調乳に使う水の選び方と注意点

赤ちゃんのミルクの調乳に使う水の選び方と注意点

水道水は赤ちゃんのミルクの調乳には避けた方が無難。では、どんな水を選べばいいのでしょうか?赤ちゃんのミルクの調乳に使う水を選ぶには、いくつか注意点があります。まず、ミルクの調乳に使う水はかならず「軟水」を選ぶことが重要です。赤ちゃんのミルク用の水を選ぶときには、特に「硬度300mg/以上」の水は選ばないよう注意しましょう。

軟水であっても、ミネラルや電解質が多く含まれている水は赤ちゃんの胃や腸に負担がかかってしまうので注意が必要です。そもそも粉ミルクの水分には、赤ちゃんに必要なミネラルがすでに入っています。そのため、赤ちゃんのミルクの調乳に市販の水を使うのであれば、「純水」や「ピュアウォーター」と記載のある軟水を選ぶのがおすすめです。

また、最近ではウォーターサーバーを置いているお家も増えています。しかし、ウォーターサーバーの水の品質は実は水道水よりも低く、ミネラルウォーターに含まれるミネラルやマグネシウムは、赤ちゃんにとっては過剰摂取とも危惧されています。赤ちゃんのミルクの調乳で少量を使うのであれば問題ないかと思いますが、白湯としてそのまま飲ませるのはちょっと怖いです。

赤ちゃんのミルクの調乳する水は大切に選ぼう!

赤ちゃんのミルクの調乳する水は大切に選ぼう!

大切な赤ちゃんのミルクに使う水は、できるだけこだわって選びたいですよね。しかし、水道水や硬水、ミネラルウォーターは、赤ちゃんの身体にとってよくない成分が入っていたり、赤ちゃんの胃や腸に負担をかけてしまったりする可能性が高いので避けましょう。赤ちゃんのミルクの調乳におすすめなのは、軟水でかつミネラルなどを含まない「純水」や「還元水素水」です。還元水素水の生成器は水道水の蛇口に直結させるものとなるので、品質は水道水と同じく高く、それでいて、懸念される塩素や酸化成分も除去され、浄水されたのち電気分解されて水素を含んだ水を使うことができます。

赤ちゃんのミルクの調乳に使う水は、今回紹介したように水質安全が高い水道水を利用するのも一つの方法となります。

【全額返金キャンペーン】
プロトン水「イリス」の詳細情報と問い合わせはこちら

商品名:e⁻ris(イリス)
種別:医療機器(医療機器 認証番号 219AGBZX00006A09/改正薬事法対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です